会社負担を少なく、社員教育を強化!助成金を活用した研修

助成金を活用した研修     Use OF Subsidy

キャリア形成
促進助成金

キャリア形成促進助成金

労働者のキャリア形成を効果的に促進するために、職業訓練などを実施するための助成金制度です。かかった経費と訓練期間中に支払った賃金の一部を助成します。

キャリア形成促進助成金の受給のための条件

・雇用保険適用事業所の事業主であること
・中小企業事業主であること
※その他の条件に関しては厚生労働省のサイトをご確認ください。

助成内容

政策課題対応型訓練
Off-JT 経費助成(※1) 訓練に要した経費の1/2
賃金助成(※2) 受講者1人1時間当たり800円
OJT 実施助成(※3) 受講者1人1時間当たり600円
一般型訓練
Off-JT 経費助成(※1) 訓練に要した経費の1/3
賃金助成(※2) 受講者1人1時間当たり400円
(※1)1人1コースあたりの助成金額の上限
 ●訓練時間 20h〜299h:5万円、300h〜599h:10万円、600h〜:20万円
(※2)1人あたりの賃金助成時間数
 ●1コースにつき原則1,200時間が限度。(認定職業訓練は1,600時間)
(※3)認定実習併用職業訓練でOJTを実施する場合の助成で1人1コースあたり408,000円が限度。

キャリア形成促進助成金について

「キャリア形成促進助成金」の詳細は厚生労働省のサイトをご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/d01-1.html
(キャリア形成促進助成金について)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/dl/pamphlet.pdf
(パンフレット:PDFはこちらから)

※助成金に関するお問合わせは最寄りのハローワークや労働局へ。
雇用調整助成金

雇用調整助成金

景気の変動、産業構造の変化その他の経済上の理由により、事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、一時的な雇用調整(休業、教育訓練または出向)を実施することによって、従業員の雇用を維持した場合に助成する制度です。

雇用調整助成金の活用例

一日一人あたり最大10,870円受給の可能性があります。
「雇用調整助成金」に「教育訓練」を合わせて申請することで、休業手当相当額の7,870円(※1)に加えて、教育訓練費として一人一日3,000円(※2)が支給されます。

●支給限度日数は1年間で100日、3年間で300日
●対象労働者1人あたり、7,870円が上限(平成24年8月1日現在)

雇用調整助成金について

「雇用調整助成金」の詳細は厚生労働省のサイトをご確認ください。
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/pageL07.htm (雇用調整助成金について)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/josei/kyufukin/pdf/jyoseikin01.pdf
(パンフレット:PDFはこちらから)

※助成金に関するお問合わせは最寄りのハローワークや労働局へ。

富士通オープンカレッジ名古屋駅前校は Microsoft / Adobe / Autodesk 公認のスクールです。

Officeスペシャリスト公認トレーニングセンター

Microsoft公認パートナー

AutoDesk公認Autocadトレーニングスクール

アドビ認定トレーニングセンター